今回ピックアップしたタトラスの「BIONDI」は“bot”というウール素材を採用。

あれやこれやとシーンに応じてアウターを複数持ちするのも悪くないが、ときには一極集中で極上のアウターを手にしたくなるのが男ゴコロというもの。ここで問題となるのが、極上アウターたるもの決して安くはないということ。そんな極上アウターを手にするという、いわば攻めの投資もオンオフ両用できるアウターともなれば、高い買い物ではなくむしろ賢い買い物になると言っても過言ではない。そこで今回は、ビジネス使いもできる極上のアウター4選を旬なコーデとともに紹介!

数あるアウターの中でも特に防寒性バツグンで冬の主役となるダウンジャケットだが、カジュアルスタイルに合わせることだけを考えている方も少なくないのでは?そんなもったいない考え方はひとまず置いておいて、どうせならオンオフで使えるアイテムを探してみるのも良いだろう。そこでオススメしたいのが、こちらのスタイリングで使用しているMooRER(ムーレー)の「FLORIO-LL1」。ダブルブレストでテーラードカラーのような襟のデザインが、ジャケパンやスーツスタイルにもマッチする大人顔の極上ダウンジャケットだ。off whiteカシミヤ混のウールファブリックだけにとどまらず、ボタンやファスナーなど随所に上質素材を採用しているから、分りやすい装飾が無くてもラグジュアリーな雰囲気が滲み出る。

ダブルブレストでテーラードカラーという、従来のダウンジャケットにはないディテールに宿る品格がドレスアイテムとバツグンの相性を見せるムーレーの「FLORIO-LL1」。フロントボタンをとめることでそのデザインはより存在感を増し、上のようなジャケパンスタイルはもちろん、タイドアップしたスーツスタイルにも違和感なくハマることうけあいだ。しかも、こんなドレッシーなデザインなのに、カシミヤ混のファブリックは防水性も兼ね備えている嬉しい仕様だから、雨の日でもラグジュアリーな雰囲気をまとえる。

秋冬の着こなしにトレンド感を注入するならオーバーサイズのコートが近道
今持っている定番のコートも良いけど、新しいテイストのコートもワードローブに加えたい…という方は、トレンド感のあるコートを検討してみてはいかがだろうか?ここ数年継続して人気を集めるオーバーサイズシルエットを採用したhevo(イーヴォ)のコート「BRINDISI」は、まさにトレンドコンシャスな一着。さらにブラウンという色も旬な香りを漂わせ、同じくトレンドとして注目を集めるモノトーンコーデにバサッと羽織れば、街でも注目を集めることうけあいのモダンな装いが完成する。オーバーサイズかつブラウンとなるとカジュアルなイメージを持つ方も多いかもしれないが、BRINDISIは2ボタンのミニマルなデザインだからドレススタイルにもスッと馴染む。

ベルテッド仕様も兼ね備えているから二面性のある着こなしを楽しめる!
ラグランスリーブでオーバーサイズ、大ぶりなアルスターカラー、ミニマルな2ボタンなど「BRINDISI」は魅力的なディテールが盛りだくさんだが、もう一つ触れておきたいのがこちらのベルテッド仕様。ベルトでウエストを縛れば生地にドレープが生まれ、エレガントな表情を見せるサマはまさに極上アウターと呼ぶにふさわしい。ベルトは付け外し可能なので、抜け感を楽しみたい時にはベルト無しで、ジャケットスタイルなどの着こなしにエレガンスを注入したい時にはベルトを結んで、一着で二度美味しい二面性を楽しんでみてはいかがだろうか?

ナイロン素材のスポーティーなダウンジャケットも魅力的だが、オンスタイルでも着用することを考えるのであれば、上品なウール素材を採用したものが有力な選択肢だろう。こちらのスタイリングで使用しているTATRAS(タトラス)の「BIONDI」は、“bot”というウール素材を採用した極上ダウンジャケット。“ドレッシーダウン”と称されるタトラスの美シルエットなダウンジャケットにウールの上品な光沢を添加することで、ことさら美しい表情に仕上がっている。カジュアルスタイルはもちろんのこと、フードとファーは取り外しも可能で、かつジャケットの裾がしっかりと隠れるミドル丈なためスーツやジャケパンなどビジネススタイルに取り入れるのもオススメだ。

今回ピックアップしたタトラスの「BIONDI」は“bot”というウール素材を採用。イヤらしさを感じさせない上品な光沢感が、カジュアル・ドレス問わず着こなしに品格を与える。ウール素材のダウンジャケットというと水濡れに弱い繊細な印象だが、BIONDIに関しては撥水機能を備えているため、雨の日でも問題なく着用できるのが嬉しい。

秋冬コートの超王道であるチェスターコート。多くの人が持っているアイテムだからこそ、他と差がつく格上のものを選びたいところだ。今回ピックアップしたラルディーニのチェスターコートは、そんな“格上”の存在であると言っても差し支えないだろう。ウエストが流麗にシェイプされた美しいシルエットに、カシミヤ100%という贅沢な素材使いで仕立てられた極上のチェスターコートは、袖を通すだけで着る者の魅力そのものを格上げする。カジュアルに振り切った着こなしに合わせるも良し、ビシッとキメたビジネススタイルに合わせるもまた良し。オフホワイトとは下のようなウォームビズスタイルにもすんなりハマるため、幅広いシーンで使える汎用性高めのチェスターコートだ。

思わず手を触れたくなるようなカシミヤ100%の生地は、生地自体が発光しているかのような美しい光沢が魅力。ウールとはまた一味違った表情で着こなしに品格をプラスしてくれる。装飾的なディテールを加えることなくシンプルに仕上げた洗練度の高いチェスターコートだからこそ、この極上の生地がより一層際立つ。

上のスタイリングで使ったアイテムはすべて阪急メンズ東京で購入することが可能。自主編集ショップの「3rd STYLE」をはじめ、ラルディーニなどのショップインショップも充実しているため、一度買い物に行くだけで好みのアイテムに出会えること間違いなしだ。3rd STYLEや阪急メンズ東京の公式Instgramでは最新の商品やイベント情報を更新しているため、フォローして買い物前にチェックするのもオススメ!さらに、阪急メンズ東京では10/23(水)〜11/5(火)の期間でアウターフェアを開催する。今回紹介した4つのアイテムだけでなく、今シーズン注目のアウターが一堂に会するため、今年のアウターをお探しの方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか?

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s